チラシ作成時の心得

チラシ作成

チラシ作成時の心得は、行動パターンを意識し、
アウトプットを見やすく作ること。

チラシ作成において、伝えたい内容を簡潔に見やすくまとめレイアウトすることは大切なことですが、意外とおろそかにしがちなのが『アウトプットが見づらいチラシ』が多いということ。
(アウトプットとは「電話番号」「住所」「地図」「URL」を指します)

私は「アウトプットを見やすく作る」ということを常に心がけてチラシを作成しています。

チラシを見て興味を持ってくれた方の次なる行動パターンは、「問い合わせて確認する」です。
「ネットで確認する」というパターンの方も多いと思われますので電話番号はもちろん、URLもきちんと押さえたチラシ作りを意識してみてください。

またQRコードを付けるということも大切です。どんなにインパクトのある素晴らしいチラシを作ったとしても、連絡先が見当たらない、小さくて読みづらい・・・ただそれだけでお問い合わせは激減します。
チラシを配布したのに反響がないとお嘆きの場合、この点に注意して作成するだけで反響が上がるはずです。ぜひお試しを。

宜しければ、シェアしてください。

About the author

グラフィカの鴨下広光です。
お越しいただきましてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up